化粧品の種類や化粧の方法について

美しい化粧をするためのポイントを紹介しています。

化粧品の種類とスキンケア

化粧品には、肌のコンディションを整えるための基礎化粧品と、美しく見せるためのメイクアップ化粧品があります。化粧にあまりなじみがない人はメイクアップ化粧品だけを重視しがちですが、どんなに高価な化粧品を使っても、肌のコンディションが整わずに化粧がのらなければ意味がありません。

スキンケア化粧品ともいわれる基礎化粧品は、ベースメイクにおいて重要なポイントとなります。洗顔後に化粧水でしっかりと保湿し、美容液で美容成分を肌の奥まで届けて乳液やクリームなどで蓋をします。これで、土台となる素肌のコンディションが整います。

基本のベースメイクで使用する化粧品にはさまざまな種類があり、その役割やメイクの順番を理解しておくことが大切です。日焼け止めは紫外線から肌を保護する役割があり、ファンデーションを肌に密着しやすくする化粧下地に含まれていることも多いものです。
肌のくすみや色ムラをカバーしてくれるのがファンデーションであり、化粧の仕上がりを左右する重要なポイントとなります。ファンデーションの仕上げにはフェイスパウダーなどを塗ることもあります。

ポイントメイクでは、眉の形や色を整えるアイブロウ、目元に陰影を与えて立体感を演出するアイシャドウをよく使用します。また、目の形を整えて目元の印象を強調するアイライナーや、まつ毛の密度や長さをアップさせるためにつけるマスカラもあります。
さらに、頬や唇を血色のよさを与えるチークや口紅も定番です。