化粧品の種類や化粧の方法について

美しい化粧をするためのポイントを紹介しています。

ベースメイクの基本

素肌のコンディションを整えること、化粧下地やファンデーションでメイクの土台をつくることは、メイク全体の仕上がりを左右する大切なプロセスとなります。ベースメイクがしっかりできてれば、肌の質感をきれいに見せることができるため、ポイントメイクを濃くする必要がなくナチュラルに仕上げることもできます。

化粧下地は薄く均一に伸ばすことがポイントです。べたつきがなく指の腹に吸い付く程度であれば、化粧下地の量が適切であると言えるでしょう。塗り過ぎるとファンデーションのムラが出やすくなり、化粧崩れしやすくなるため注意が必要です。

ファンデーションは、TゾーンやUゾーンなど部位によって塗る量を調整することが大切です。皮脂分泌が盛んなTゾーンにファンデーションを塗り過ぎると、化粧崩れの原因になります。また、目元や口元など表情筋が動きやすい部位も薄く塗るようにしましょう。

ファンデーションは顔色だけでなく毛穴やニキビ跡などをカバーしてくれるため、気になる部分につい厚塗りしがちです。しかし、時間の経過にともなって肌の凹凸にファンデーションが入り込んで余計目立ってしまうことがあるため、厚塗りし過ぎないようにすることが大切です。